2013年05月30日

山本太郎氏出馬表明で参院選台風の目に 太陽光発電と脱原発・反TPPに注目

太陽光発電をご存知の方は多いと思いますが、どのようなイメージですか?
多くの人は「エコ、だけど高い」というイメージでしょう。
ところが、最近は「エコでお得」に変わってきているとのことです。
検討しない手はないですね。

今流行りの太陽光発電 エコ・お得・安心 国や地方自治体も補助金でクリーンエネルギーを応援


太陽光発電は、脱原発の柱の一つでもありますが、
脱原発といえばこの人。山本太郎さんです。

いよいよ参院選に向けて始動とのこと。
こちらも当面目が離せなさそうです。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130530-00000305-alterna-soci
山本太郎氏出馬表明も、野党に思惑の違い目立つ
オルタナ 5月30日(木)19時49分配信

昨年12月の衆院選東京8区で石原伸晃議員に善戦した俳優の山本太郎氏(38)は、市民グループの協力のもと、与党と維新の会を除く、社民党や未来の党、生活の党など各野党党主級と5月27日に会合を開き、7月の参院選での連携を話し合った。山本氏は各党に「統一比例名簿の作成」を求めたが、各党は即答を避け、思惑の違いが目立った形だ。

「7月の参院選に出る。僕は、脱原発と反TPP陣営の大きな受け皿になりたい。選挙区調整とかではなく、統一比例名簿を作れないか」

山本氏(38)は、5月27日に参議院議員会館内で開かれた「山本太郎緊急集会!どうする参議院選挙!」集会の冒頭で、7月の参院選出馬への決意を表明した。政党名や選挙区などには言及せず、むしろ各野党間での連携を強く呼びかけた。

山本氏は昨年12月の衆院選東京12区で7万票以上を獲得し、政治的なプレゼンスを高めた。原発やTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)などに反対するリベラルな政治姿勢で知られる。

この日の集会には約200人が参加し、森裕子議員(生活の党代表代行)、福島瑞穂議員(社民党党首)、阿部知子議員(日本未来の党代表)、笠井亮議員(日本共産党)、漢人明子小金井市議会議員(緑の党運営委員長)、福田実氏(新社会党)、雨宮処凛氏(作家)らが壇上に上がった。

しかし、山本氏への連携呼びかけに対して、各党代表級の意見は微妙に食い違った。

森議員:「脱原発で共闘していくシンボルとして、東京選挙区から出てほしい」
阿部議員:「統一比例名簿を要求する思いは私も一緒。今もやっている。”みどり”の名称の元に各党が集まりそこで出てほしい」

笠井議員:「東京選挙区では2年前から予定候補者を立て活動してきている。政策的一致が必要。立場の違いを超えて国政の責任を果たしたい」

福島議員:「私は山本さんが大好きで、脱原発・反TPP・護憲・死刑廃止などとても近いところにいるが、どうやって出したら一番いいかと思っている。あと選挙まで40日弱。全国一律名簿は一見魅力的だが、やっぱり無理」

集会の最後で山本氏は、各野党に対して「比例名簿について、もう一度党に持ち帰って揉んで、今月末までに答えを返して欲しい」と依頼した。

各党がどのように山本氏に回答するのか、それを受けて山本氏がどこからどのような形で出馬を決意するのか。脱原発や反TPPの新しい政治の流れを作ることができるか。脱原発や反TPPの流れを大きくするためには、各党が小異を捨てて大同団結していくことが不可欠だ。(オルタナ編集部)
posted by グッピー at 23:45| Comment(0) | 太陽光発電 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。